吉川竜次容疑者の顔画像が判明!Facebookやあおり運転についても掲載。ハイビームに立腹した土木作業員が逮捕される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

後方で車の前照灯をハイビームにした運転者を殴ってけがさせたとして、愛知県警半田署は7日、器物損壊と傷害の疑いで、同県碧南市湖西町2、土木作業員吉川竜次容疑者(33)を逮捕しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

事件の概要

 交通トラブルを巡り相手に暴行したとして、愛知県警半田署は7日、同県碧南市湖西町、土木作業員、吉川竜次容疑者(33)を傷害などの容疑で逮捕した。吉川容疑者は「間違いない」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は9月23日午後10時45分ごろ、半田市の県道で、西尾市の男性会社員(19)を殴って鼻骨を折るなど全治1カ月の重傷を負わせたなどとされる。

(ー中略ー)

出典:毎日新聞

吉川竜次容疑者について

こちらが、逮捕された吉川竜次容疑者のプロフィールになります。

名前:吉川竜次(よしかわ りゅうじ)

年齢:33歳

職業:土木作業員

在住:愛知県碧南市湖西町

吉川容疑者は事件当時、軽乗用車を運転しており、背後にいた男性運転の軽乗用車からハイビームで照らされたことに立腹し、逆に背後に回り込んで約5キロにわたりあおり運転を男性が停車した際、窓ガラスを割り男性を引きずり出したとして逮捕された人物です。

ちなみに顔画像などの情報などは公開されておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第随時お伝えしていきます。

犯行動機について

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

先日発生した、石橋和歩容疑者の衝撃的な事件が世間に明るみになって以来、”あおり運転”という言葉が大きな焦点となっているいます。

報道機関の発表によれば、後ろの車が前照灯をハイビームにしたことに、前方を走っていた吉川容疑者が腹を立てたとのことで、非常に短気な性格であることも伺えるでしょう。

しかしながら、ハイビームは基本的に前方に車などがなく、見通しが悪いために使用するものであって、ハイビームにされた方は、逆に眩しくて運転がし辛くなるというのも事実です。

何れにしても、”あおり運転”による被害が多いだけに、一刻も早い対策が求められるでしょう。

ネットの声

ハイビームではないけど最近はやたら眩しいライトの車が多いのは事実だ。だからといって煽っていいことにはならないが。

ハイビームで「うわ眩しい、あぶねぇな」ってムカつくまではわかる。
ただしあおって停めさせて運転手引きずり出してボコる、って行動は
いいトシの大人は絶対考えない。

イキってたヤンキー時代で頭ん中成長止まってるんだろうな。

東京・立川市の自称・建設作業員、宮城将宏容疑者
福岡の石橋和歩容疑者も建設作業員…
でもって、吉川竜次容疑者も土木作業員
建設土木関係ってそんなに粗暴でバカばっかなのかなぁ…

夜間はハイビームって指導もあるけど、対向車からすればかえって危ない。煽り運転はもっと危ない。

対向がハイビームだと確かに腹立つ。
けど何かしてやろうってほどのことか?と思う

あおり運転って免許取りたての人よりも運転慣れてます的な30代が多いよな

筆者もあおられたことは何度もあります。
後ろに赤ちゃんを乗せ、大型トラックにあおられた時は生きた心地がしませんでした。
私の場合は「どけ」という意味であおられてることが多い気がしますが、それなりに車が多い道ですぐに車線変更が出来ないような場所でもお構いなしにしてきます。

「俺の道を塞ぐな」と言わんばかりに。

そんな車に遭遇すると、必ず念じます。「単独で事故れ(呪)」
私もヤバいですか?

本当に何が起こるか分からない世の中です。。
危ない人をかぎ分ける能力と、危険を察知したら逃げる判断と逃げ足の速さを身につけて自己防衛しなければいけませんね。

吉川容疑者のような危険な人物には厳罰を望みます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする