筧千佐子の恋愛テクニックと生い立ちがすごいww 筧千佐子被告に死刑判決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近畿の3つの府県で起きた青酸化合物による連続不審死事件で、殺人などの罪に問われていた筧千佐子被告(70)に対し、京都地裁は死刑を言い渡しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

事件の概要

京都、大阪、兵庫3府県で起きた連続青酸死事件で、夫や内縁男性ら4人に青酸化合物を飲ませて殺害したなどとして殺人罪と強盗殺人未遂罪に問われた筧(かけひ)千佐子被告(70)の裁判員裁判の判決公判が7日、京都地裁で開かれ、中川綾子裁判長は求刑通り死刑を言い渡した。弁護側は死刑判決を不服として即日控訴した。

中川裁判長は判決理由で「金銭欲のための犯行で悪質」とし、「認知症などを最大限考慮しても死刑を回避するべき事情はない」と断じた。

中川裁判長は主文の言い渡しを後回しにし、判決理由の朗読から始めた。まず、起訴された4件全てを青酸化合物を使った筧被告の犯行と認定。軽度の認知症と診断されていたが、被告の責任能力と訴訟能力を認めた。

出典:産経WEST

筧千佐子のプロフィール

名前:筧千佐子(かけひ ちさこ)
生年月日:1946年11月28日
年齢:70歳(※2017年11月現在)
血液型:A型
身長:154cm
体重:50kg
家族構成:夫、子供2人
最終学歴:福岡県立東筑高校卒業

筧千佐子被告の子供(娘)は?家族はいったい?

1度目の結婚:
1969年。
自営業(印刷業・プリント業)を営む男性と結婚。
大阪府貝塚市に移り住みます。
しかし、経営不振になる。
夫が死亡。
2001年に倒産。多額の借金を抱える。

子供:
1度目の夫との間に子供が2人
息子と娘

2度目の結婚:
2004年、西宮市の薬局経営・医薬品卸の資産家社長と再婚。その2年後に夫が病死し、莫大な遺産を相続しています。
ここから『筧千佐子 後妻業』と言われ、犯罪行為が・・・

後妻業:
彼女はかなりのテクニックがあったらしく、男性を喜ばれるテクニックにより、数人の男性を虜にし交際しています。

筧千佐子の恋愛術とは

前述したように、筧千佐子被告はとんでもない恋愛におけるテクニックを持っていたのだそうです。
それが、夜の生活です。
筧千佐子被告のベッドテクニックは非常に優れていたといい、かつて筧千佐子被告と関係を持った男性の証言では「ホテルで床を供にすると、離れられない」と言うほどに、男性を喜ばせる術を持っていたのだと言います。
現に、筧被告が再婚相手として選んでいたのは、すでに精力が尽き果てた老人ばかりで、その老人たちが若い頃を思い出して筧千佐子被告を求めたというのですから、相当なテクニックがあったのでしょう。
また、相手男性にメールなどをこまめに送っていたといい、絵文字などをふんだんに使って愛情表現をする他、相手男性をひたすらに褒めることをしていたのだそうです。

騙し取った金はどうなった?
筧千佐子容疑者が騙し取った金は、彼女の二人の子供にも流れているのではないでしょうか。
10億円をだまし取ったということなので、ありうると思います。

ネットの声

ババアで不細工なのに何人も婚約者が居て男に貢がせて生活してたなんて
正直すごいと思うし憧れる
もちろん犯罪はしないけどどんな魅力があればババアで不細工でも男が寄って来るのか

毒殺された人 お気の「毒」

見合いしたことないからわからんな
お見合いなら孤独大金持ちで枯れてる老人と知り合えるのかね

頭よくて健康でセックスは上手い、料理も上手い
ハイスペなんですけど

身よりがない男狙ってたらしいよ
それからすごい皆優しかったんだって

更に詳しい情報はこちら

筧千佐子被告の娘や子供の現在の様子が判明!wiki風プロフも掲載。筧千佐子被告に死刑判決。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする