【画像あり】芳賀厚博と小栗基弘の顔写真や所属していた組織が判明!高尾山で大麻を栽培していた場所も判明か。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)

事件の概要

販売目的で大麻を所持していたなどとして男2人が逮捕された。2人は、高尾山で大麻草を栽培していたとみられている。

逮捕されたのは東京・立川市の会社員・芳賀厚博容疑者ら2人。警視庁によると芳賀容疑者らは12日、販売する目的で、自宅で大量の大麻を所持した疑いなどが持たれている。

芳賀容疑者の自宅からは、かごの上で乾燥中の大麻や鉢植えの大麻草などが大量に押収されており、調べに対し芳賀容疑者は「弁護士が来てから話します」などと話しているという。

今年4月に「高尾山で大麻を栽培しているのではないか」という情報提供があったことから事件が発覚したということで、警視庁は2人が高尾山で大麻草を栽培し、自ら使用したり販売したりしていたとみて調べている。

出典:日テレニュース

観光地としても有名な高尾山で 100平方メートルもの畑をつくり大麻を栽培していた会社員2人。

とても大胆な犯行と言えますが、別の報道では、地元の人も立ち入らないような山の外れで畑を作っていたようです。

東京・立川市の自宅で大麻を所持していたとして、会社員の男ら2人が警視庁に逮捕されました。2人は、高尾山で大麻草を栽培していたとみられています。

逮捕されたのは、立川市の会社員・芳賀厚博容疑者(34)ら2人で、大麻およそ27グラムや大麻草およそ120鉢を販売目的で自宅で所持していたなどの疑いが持たれています。

調べによりますと、2人は八王子市にある高尾山で大麻草を栽培していたとみられていて、その面積はおよそ100平方メートルにおよぶということです。

全文を読む<Yahoo News>

2人の容疑者のプロフィール

名前:芳賀厚博

年齢:34歳

職業:会社員

在住:東京都立川市西砂町1丁目

名前:小栗基弘

年齢:41歳

職業:デザイナー(※自称)

在住:東京都福生市福生

犯行動機について

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

高尾山は新宿から電車でおよそ1時間くらいの場所にある山で、東京都八王子市に位置しています。

人目につかない場所で栽培するのであれば、人気観光スポットである高尾山は避けるはずなのですが、なぜか”高尾山”で大麻を栽培しているのです。

この理由についてですが、高尾山は有数のパワースポットとしても知られているために、「パワースポット高尾山で栽培された」という付加価値をつけて販売する目的があったとの見解が強いようです。

また、自分たちで吸引をするというよりは、大麻を販売することの方が主な目的であり、50株も栽培するというのは時価総額で相当な価値になるのでは?とも言われています。

いずれにしても、人気観光スポットでの大麻栽培の事件なだけに波紋が広がりそうな一件です。

ネット上の反応

山登りを装って収穫すんのかな

山奥でも知ってる人は通報するだろう。

馬鹿だなぁ、植物研究者がウロウロしてる高尾山で大麻なんか

隣の人が庭で大麻育てていても気が付かない自信ある

なかなか大胆だな

あえて人の出入りが多い山を選ばなくても良かったのでは

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする