【画像あり】亡くなった小松恵さんのSNSの最後の投稿が切なすぎて泣ける・・・。小松博文容疑者に殺害された妻とその子供達について。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6日朝早く、茨城県日立市の県営住宅の一室で火事があり、この部屋に住んでいたと見られる子ども5人と女性1人の合わせて6人が死亡するというなんとも痛ましい事件が発生し、その犯人が現行犯で逮捕されました。

この事件で逮捕されたのは、小松博文容疑者ですが、その奥さんである亡くなった小松恵さんのSNSの最後の投稿があまりにも切なすぎるとして注目を集めています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

事件の概要

6日午前5時ごろ、茨城県日立市田尻町の3階建て県営アパートの一室で火災があった。焼け跡から5人の遺体が見つかり、10代とみられる女性1人が病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。県警日立署は、殺人容疑で「自宅に火をつけてきた」と出頭してきた自称会社員、小松博文容疑者(32)を逮捕した。

逮捕容疑は、6日午前4時半ごろ、自宅で女児を殺害したとしている。女児は長女(11)とみられる。捜査関係者によると、女児の体には鋭利な物とみられる刺し傷や切り傷があった。小松容疑者もやけどを負っているという。

他に亡くなったのは、妻(33)、長男(7)、次男(5)、双子の三男(3)と四男(3)の5人とみられ、いずれも連絡が取れていない。小松容疑者も「7人で暮らしていた」と供述している。

発見時には、寝室として使っていたとみられる和室に死亡した6人全員がいたという。

小松容疑者は日立市内の自動車関連会社に勤務していたが、9月下旬に、妻の体調が悪く入院するため、しばらく会社を休むとメモ書きを残したまま出社していなかったという。

日立市消防本部によると、消防車や救急車など車両約10台が出動し、午前5時50分ごろに鎮火した。他棟に延焼はなかったという。

現場はJR常磐線小木津駅の南西約2キロ。約20棟の県営アパートが立ち並んでいる。

出典:産経ニュース

小松恵さんのプロフィール

名前:小松恵

年齢:享年33歳

在住:茨城県日立市

職業:薬剤師

小松恵さんは、現行犯逮捕された小松博文容疑者の奥さんであり、5人のお子さんを育てる母親でもあります。

小松容疑者が今の職業に就くまでは、小松容疑者にお金を渡していたのだそうで、そのお金で遊び歩いていたのだそうです。

小松博文との出会いはネットだった!?

「直撃LIVE グッディ!」によると、小松博文と小松恵さんは10年前、ネットで知り合い交際を開始したようです(長女は嫁の連れ子)。
2人は三男四男の出産後に結婚しましたが、金銭的に困窮しており、周囲からは猛反対を受けました。
その際、周囲に数万円の借金を頼んで回っていたという情報もあります。

5人も子供がいれば、金銭的に困窮するのは無理もないでしょう。
しかも、小松博文は自称会社員と働いているのかすら怪しい状況です。

亡くなる直前のSNSの投稿が悲しい

こんな痛ましい事件が起こる直前に、恵さんは自身のインスタグラムに投稿をしています。

その内容があまりにも悲しいものであると注目されているのです。

それがこちら。

スパリゾートハワイアンズ🌺 #5姉弟 #スパリゾートハワイアンズ

小松 恵さん(@megup.mtrrl)がシェアした投稿 –


愛する子供たちと、福島県にあるリゾート施設「スパリゾートハワイアンズ」へ出かけた際に取られた写真です。

無邪気な笑顔の子供たちがこの後、小松容疑者の手によって殺されることになるとはこの時は誰も知る由もなかったでしょう。

もしかしたら、小松博文容疑者へは愛想をつかしていたかもしれませんが、子供たちがいるために離婚もできずに、一生懸命子育てをしていたのかもしれません。

この投稿には、「天国では幸せになってください」などのコメントが寄せられるなど、やり場のない怒りや虚しさ、悲しさや悔しさなど様々な感情が入り乱れている心情が手に取るように伝わってきます。

亡くなった5人のお子さんと恵さんには心よりご冥福をお祈りいたします。

ネット上の声

これ、今ニュースみてたんですが、奥さんが浮気して旦那と離婚してそちらと一緒になるまで決まっていたらしい。
この日に離婚することまで決まってたって。なんか旦那さんに同情はしないが、なぜ奥さん離婚するまで、待てなかったの?浮気してその相手と一緒になるってこれ以上ない裏切りだよね

殺すんだったら不倫妻だけにすらばいいのに。なぜ子供まで手をかけたかなー。子供が可哀想でならない

子供五人と母親が火事で死亡の
ニュース、原因が母親の不倫とか
子供達ほんとに可哀想すぎる

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする