【画像あり】”Antaga大正”店主の梶林洋介の顔写真やFacebook,Twitterが判明!有名ラーメン店経営者を大麻所持の容疑で逮捕される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪市大正区にある有名ラーメン店の経営者の男が店内で大麻を所持していたとして、逮捕・起訴されました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

事件の概要

経営するラーメン店で乾燥大麻を持っていたとして、近畿厚生局麻薬取締部は5日までに、大麻取締法違反(所持)の疑いで、大阪市大正区の「Antaga大正」店長、梶林洋介容疑者(32)=同区=を現行犯逮捕した。店はグルメ雑誌などで紹介される有名店だった。

取締部によると「5~6年前から、仕事の後などに吸っていた。家で吸えないので店に保管していた」と供述している。客への譲り渡しはしていないと説明している。

逮捕容疑は9月14日、財布の中に乾燥大麻約0・2グラムを入れていた疑い。店内の段ボール箱などから、計約11グラム(末端価格約5万5千円)が見つかっている。

インターネットの飲食店情報サイトに店側や客が掲載した情報によると、同店は濃厚なスープが人気という。

出典:産経WEST

梶林洋介容疑者のプロフィール

名前:梶林洋介

年齢:32歳

職業:店長

所属:Antaga大正(あんたがたいしょう)

在住:大阪府大阪市大正区

梶林容疑者は、大阪市にある人気ラーメン店「Antaga大正」で店長を務める人物です。

別のラーメン店でおよそ2年ほど修行を積み、そこでは2店舗目を任されるほどの腕前であったそうで、そこにはおよそ8ヶ月ほど働き、またしても2年間の修行を積んだと言います。

満を持して2012年10月に「Antaga大正」をオープンし現在ではラーメンの特集雑誌に載るほどの有名店へと成長を遂げたのです。

残念なことに、常連客の話によれば、店内には大麻の匂いが充満しており、常習的に大麻を吸引していた恐れもあるのです。

各SNSが判明

Facebook、Twitterのアカウントが判明しています。
10/6現在、未だ閉鎖はしていないようです。

<Facebook>

<Twitter>

大麻の臭いで発覚?

今回、梶林洋介が大麻所持で逮捕された事件では、店に訪れた客の中には大麻の臭いがしたと証言する人もいたようです。
なぜ大麻の匂いを知っていたのでしょうか・・・。
中毒性を持つ大麻がラーメンに入ってたというような、恐ろしいことはないのでしょうか?

梶林洋介は逮捕され現在取り調べを受けているようですが、家族の方はかわいそうですね。
「自宅では家族がいて吸えないので、店で保管し仕事終わりに吸っていた」と話していたとのことですので、結婚はしていたのでしょう。

犯行動機や保管場所について

一体これだけの大麻をなぜ所持し、どこに保管していたのでしょうか?

乾燥大麻を所持することやもちろん吸引することは法律で禁止されていますが、”麻薬”の常習者はその依存性の高さから一度ハマると抜け出せなくなると言います。

大麻吸引者の多くの言い分として「タバコや他の薬物よりも依存性が低いから大丈夫」という主張が多く、さらに、「諸外国では合法な地域もあることから、日本も吸引や所持を認めるべきだ」などという見当違いな意見をよく耳にします。

それはあくまで外国の話であり、日本では非合法であるとされていますので、それに則らなければいけません。

ですが、一度吸引したらその依存性の高さからやめられなくなってしまうのでしょう。

現に、梶林洋介容疑者もこのように大量の大麻を所持しており、自らも吸引をしています。

さらに、お店に保管していることからも、大麻の匂いをラーメン店の匂いで誤魔化していたことも十分に考えられます。

また、お店の常連やその他の大麻が欲しい客に売買をしていた可能性もあるため、そのあたりの余罪についても今後の捜査で明らかとなることでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする