香川伸行の息子と妻の現在は生活保護で家庭崩壊・・・。かつてファンから受けていたヤジや体重についても掲載。牛島和彦と同級生の男を「爆報!THEフライデー」が特集。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かつて「ドカベン」の愛称で親しまれた香川伸行さんが2017年9月15日放送のTBS系列のバラエティ番組「爆報!THEフライデー」で特集されます。

今回は香川さんについて様々なエピソードを交えながら迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

香川伸行さんのプロフィール

出身地:徳島県阿波市
生年月日:1961年12月19日
没年月日:2014年9月26日(享年52歳)
身長:170cm
体重:96kg

投球・打席:右投右打
ポジション:捕手、三塁手
プロ入り:1979年 ドラフト2位
引退:1989年10月20日

1979年 浪商高等学校 卒業
1979年 南海ホークス 入団
1980年~1989年 福岡ダイエーホークス

浪商高校時代に中日ドラゴンズで活躍した牛島和彦投手とバッテリーを組み、甲子園で3試合連続ホームランを放つなどの活躍を見せました。
プロに入ってからも、その豪快かつ天才的な打撃でファンを引き付ける魅力を持ったホームランバッターでした。

体重が100kg越え

香川伸行さんは南海に入団したとき、おなかが出過ぎて体操もできず、健康診断では医者から「このままでは何年も生きられない」と言われてしまいました。
当時の広瀬叔功監督がダイエットの話をするためレストランに連れてくと、あまりにたくさん食べるのでこりゃ無理だと思ったのでした。

いつの間にかオフシーズンにダイエットするのが風物詩に。

最高時は150kgに達し、水泳中心トレーニングと食事管理でダイエットに挑戦。
1週間入院して痩せたのはやっと2kg。
医者から
「これは腸内汚物、つまりウンチが外に出たくらいのもの」
といわれショックを受けるも諦めずダイエットを続け、約2週間で7kg痩せました。
その後、120kg台にまで痩せますが、体型のせいで守備範囲は狭い・・。

香川伸行さんがどんどん太り続けたのは、関係者からの食事を誘いにNOと言えなかったからだそう。人柄の良さが災いしたんですね。

香川伸行のバッティングは天才的

香川伸行さんは、高校時代バッテリーを組んでいた牛島和彦投手や、野村克也(元楽天監督)さんにも「打撃の天才」と言わしめるほどの才能を持っていました。

当時、首位打者を争っていた落合博満(元中日監督)さんには、キャッチャーとして「ブロックは香川の一番」と言われ、ホームへタックル気味に突っ込んでくるランナーが逆に弾き返されるほど強靭な肉体をもっていました。

香川伸行の家族(妻や子供)の現在は?

香川伸行さんは、あの外見とは裏腹に、実は3度の結婚と2度の離婚を経験しています。
今回爆報THEフライデーで取り上げられるのは、3度目の結婚をされていた、
香川伸行さんにとって最後の奥さんとなった弘美さん。

実は弘美さんは30歳のときに一度香川さんとは別の男性と結婚をしていて
香川さんとは2度目の結婚なんです。

弘美さんは前の旦那さんを心不全で亡くしているようですが
香川伸行さんも心筋梗塞で亡くすというのは、何か因果のようなものを感じますね。

子供さんに関しては、弘美さんと前の旦那さんの子供が1人、
香川伸行さんも弘美さんの前に2度結婚されているので、連れ子が1人いて
香川伸行さんと弘美さんの間に子供が2人。
計4人の子供がいらっしゃいます。両親を含め6人家族となかなかの大家族で暮らしていました。
ちなみ弘美さんは30年間教師をしていたんだそうですが

結局、香川伸行さんが重度の糖尿病から急性腎不全を患い療養生活を余儀なくされたことで
妻である弘美さんは教師という仕事を辞め、パートで働くという道を選び、香川さんを支えていたそう。

楽観的だった香川伸行さんは、貯金などもしていなかったため
飲食店を経営できなくなった借金などもあり家族は経済的に困窮。
どうやら香川伸行さんの連れ子だった、野球をやっていた長男は経済的に大学に通うことが難しくなり
通っていた大学を中退せざるを得なくなり
弘美さんの連れ子の娘は、香川伸行さんと弘美さんとの再婚が納得いかず
反抗から学校に通わなくなってしまいます。

そして香川伸行さんとの間に生まれた2人の娘も
不登校になってしまうという状態になってしまいます。

30年間も教師をしていたのに、自分の子供たちが不登校になってしまったことで
弘美さんはかなり悩んでいたそう。
確かに教師の子供は不登校っていうことは、周りの目もあるでしょうしかなりつらい事でしょうね。

そんなときも香川さんは、楽観的で「いいんじゃないのか」
とあまり深刻にとらえていない様子で、弘美さんはかなりヤキモキしたようです。

そんな中、香川さんと弘美さんとの間の仲も険悪となってしまい一家はバラバラで崩壊の危機。
そして、香川伸行さんが心筋梗塞で突然この世から去ってしまいます。

香川伸行さんが亡くなった時、自身に生命保険などもかけておらず
貯金などもなかったために香川伸行さんが家族に残したお金は全くのゼロ。
大きくなって独立した子供さんもいたようですが、シングルマザーとして4人の子供を育てていくのは
とても大変なことだったと思います。

色々あった香川伸行さんと残された家族ですが
2017年現在は、反抗ばかりしていた弘美さんの連れ子の長女は、福岡県内でパティシエになり
不登校だった香川さんと弘美さんの間の2人の娘さんは、通信制の高校に通うようになったそう。

大学を中退してしまった長男は社会人として自立し、母の弘美さんを支えているそう。
弘美さん自身も教師を辞めて始めたパートの仕事にやりがいを見出し
充実した日々を過ごしているそうです。

香川伸行は生活保護を受けていた?

香川伸行さんは引退後に、野球解説者として度々メディアなどに登場していましたが、そのほかにも、ドカベンの作者水島新司さんがデザインを担当している讃岐うどんの通信販売ビジネスも展開していたようです。

その後、讃岐うどんのビジネスからは退くものの、居酒屋や野球学校などを経営するなど、サイドビジネスも順風満帆な状態でありました。

しかしながら、急性腎不全を患い、およそ3年間の療養生活を送らなければならなくなったことから、ビジネスは破綻を余儀なくされ、解説者としての契約も打ち切りになったのだといいます。

社会復帰後に野球チームを結成したりするものの、スポンサーが撤退するなどしてチーム運営も難しい状況へと追いやられます。

2011年には福岡県にある自宅が自らの負債によって差し押さえられており、自己破産を余儀なくされました。

この事実が引き金となり、ネット上などでは、生活保護を受給していたのでは?との噂も立っていましたが、実際はそのようなことはないようです。

ドカベン香川伸行 ヤジが凄かった

ドカベン香川伸行さんは、人気選手だけにヤジが強烈でした。関西なので、特にスゴイんです。
でもヤジは、大阪流のキツいエール。誰もに愛された香川伸行さんゆえでした。

「コラァ~!かがわぁ~のボケがぁ~!三振しおって~、この使えんカスがぁ~!ぶくぶく太りやがって、肉屋に叩き売るぞ!ゴルァ~!」

「おいコラァ~、ドカぁ~、そこで止まるからブタだ言われんじゃぁ~。2塁に走らんかぁ、ボケェ~」

「オーイ香川!来年は日本ハムにトレードやで!選手としてちゃうで、商品としてやで!」

「コラァ~、ドカぁ~、おんどりゃよぉ~打たんのぉ~!」

「香川!グラムなんぼや?」

ドカベン香川伸行さんの成績が下がっていった頃からは、南海応援団は「香川だけは、堪忍したって」「かわいそうな子やねん」とやり返して笑いを取るのが定番だったそう。
特にこのようなヤジを飛ばしていたのは、同じ大阪にあった近鉄バッファローズのファンであったそうで、敵側からも愛されていることが窺える内容です。

実際に、香川さんが引退をする際には、南海のファンのみならず、近鉄のファンも涙をこぼしたのだそうです。

爆報!THEフライデーが特集

そんな波乱万丈な人生を送っていた香川さんですが、2017年9月15日放送のTBS系列のバラエティ番組「爆報!THEフライデー」で特集がされます。

そこでは、香川伸行さんをはじめ、奥さんの現在や、息子や家族の崩壊の危機などを特集しますので、少しでも気になった方は、O.A.をチェックしてみるといいかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする