【顔画像】富士銀行行員顧客殺人事件の犯人の名前は岡藤輝光!犯人の生い立ちや犯行動機についてアンビリバボーで特集される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年に起きた富士銀行行員顧客殺人事件の内容が、フジテレビ系列の特集番組「奇跡体験!アンビリバボー」で放送されます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

富士銀行行員顧客殺人事件の概要

「富士銀行行員顧客殺人事件」とは、1998年7月2日に埼玉県宮代町で発生した事件。

被害者は、マッサージ店を運営する福田次郎さんとその妻・福田ツネさんで、お互いに障害を抱える夫婦だった。

犯行に及んだのは「富士銀行春日部支店」に勤務する行員で、名前が岡藤輝光。

犯人の岡藤被告は福田夫妻の担当で、バブルの恩恵で大金を手にしていた福田夫妻から「期日を守るから」と言って、2500万円を預かっていた。(このとき岡藤被告は、福田夫妻に返済期日を裏書した名刺を手渡していた。)

だが、岡藤被告は福田夫妻から預かった大金を春日部市内にある運送会社に「浮き貸し」していたのである。

当時といえば、バブル崩壊により、どの銀行も大量の不良債権を抱えていた時代。銀行としては、運送会社に融資できる状況ではなかったという。

岡藤被告としても社長から融資を泣きつかれては、放っておくことができなかったようだ。

また、岡藤被告が不正を犯してまでも運送会社に浮き貸ししたのは、岡藤被告の父親が大型トレーラーの運転手で、幼いころから懸命に働く姿を見て育ったからだという。

泣き付いて融資を頼んでくる社長と父親の姿が重なって見えていたようである。

そして、期日までに運送会社からの返済がなく、岡藤被告自身の本店への移動も重なったことで岡藤被告は銀行に不正がバレるのを恐れて犯行に及んだのだ。

岡藤被告は預金を預かった際に渡していた「返済期日を裏書した名刺」を取り戻すために福田さん宅を訪問。

家にあがりこみ、福田さんの妻に「親孝行のつもりで肩を揉ませてもらえませんか」と背後に立ち、ヒモで犯行に及んだ。

このとき夫は、何が起こっているのか知ることができない。なぜなら夫は全盲なので、起きている状況がわからなかったのである。

そして岡藤被告は、次に夫の命までも奪ってしまう。

岡藤被告は、夫は全盲、妻は背骨に障害がある被害者夫婦の身体的状況を冷酷に利用して犯行に及んでいたのだ。

犯人や犯行の手口について

アンビリバボーのオンエアでは犯人の具体的な名前については言及されていませんでした。

しかし、調べによると、富士銀行行員顧客殺人事件の犯人の名前は、岡藤輝光という男性のようです。

岡藤輝光は犯行当時、大学時代に知り合った奥さんと2人の子供がいる家庭をもつ、父親でもありました。

当時は、バブル景気が崩壊した直後でもり、市場経済が究極に冷え込んでいた時代でもありましたので、絶えずお金に関するトラブルの多い時代だったのです。

殺害された福田夫妻は、ご主人の次郎さんが全盲であり、奥さんのツネさんが背骨に障害を持っており、岡藤照光は奥さんの肩を揉むふりをして絞殺したのだそうです。

次郎さんは、全盲で自分の妻が殺されている状況を直接見たわけではありませんが、なんらかの異変に気づいたのでしょう。

口封じのために、次郎さんも殺害されてしまったのです。

その後、岡藤輝光はガス爆発事件に仕立てようと試みますが失敗し、強盗に見せかけるために福田夫妻の自宅を荒らしてその場を立ち去っています。

逮捕後、岡藤輝光は殺人の容疑は認めましたが、強盗については否認。

裁判にかけられ、検察側はもちろん死刑を求刑しましたが、富士銀行側が遺族に対して多額の賠償金を支払う調停が成立していたため、判決は無期懲役となったのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする