山尾志桜里の不倫を週刊文春が報道!浮気相手のK弁護士も判明!韓国人疑惑やかわいいアニー時代の詳細も掲載。文春砲による民進党議員のスキャンダルが党内人事に影響を与える・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊文春が、山尾志桜里議員の不倫疑惑があるという報道をすることが明らかとなり、話題となっています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

報道の概要

民進党の新しい幹事長をめぐり前原新代表が山尾志桜里氏の起用を断念した背景に、山尾氏の私生活をめぐる問題が影響していたことがテレビ東京の取材で分かりました。関係者によりますと、山尾氏はすでに一部週刊誌に私生活をめぐるスキャンダルについて取材を受けているということです。前原代表は、山尾氏について幹事長に代えて、代表代行で処遇する方向で調整していますが、党内から更なる異論が出かねない情勢です。

出典:TVTOKYO

山尾志桜里氏のプロフィール

氏名:山尾 志桜里(やまおしおり)

生年月日:1974年7月24日

出身地:宮城県仙台市

出身小学校:聖徳学園小学校

出身中学校:東京学芸大学付属大泉中学校

出身高校:東京学芸大学教育学部附属高等学校

出身大学:東京大学文科I類に入学、3年次から東京大学法学部に進学。卒業

資格:2002年司法試験合格

聖徳学園小学校在学中に、英語学校のミュージカル「アニー」で主役のアニーを務めた。

その後、今や日本のミュージカルのパイオニアとも言えるミュージカルアニーの初代アニー役のオーディションに合格。

・2002年司法試験に合格

・2004年に検察官に任官。東京地方検察庁・千葉地方検察庁・名古屋地方検察庁岡崎支部に勤務。2007年に退官。

・2009年、第45回衆議院議員総選挙に民主党公認で愛知7区から出馬。初当選。

・2012年の第46回衆議院議員総選挙では落選、。重複立候補していた比例東海ブロックも次点で落選。

・2014年の第47回衆議院議員総選挙では毎回闘う鈴木敦司氏をわずか5000票差で破り2012年の屈辱を晴らし、国政に復帰。

・2015年の民主党代表選では細野豪志の推薦人に。

・2016年、民主党から民進党への移行、結党時には政調会長に。

・同年、民進党代表選では所属派閥のリーダーである前原氏を支持した。

・2017年、民進党代表選挙には所属派閥の前原氏が代表に就任。幹事長候補の筆頭に挙げられるも諸問題が発生し、断念。執行部入りはならず。

山尾志桜里氏のスキャンダルとは?

このテレビ東京の報道によれば、一部週刊誌に私生活をめぐるスキャンダルについて取材を受けているとのことですが、この私生活をめぐるスキャンダルとは不倫だというのです。

この情報をリークしたとされるのが、ジャーナリストの田中稔氏が自身のTwitterでこのようなつぶやきをしていることから発覚しました。

今週の文春。「山尾志桜里」不倫疑惑を掲載する模様。相手はK弁護士。

そして、この不倫疑惑で取りざたされているのが、相手のK弁護士なのです。

相手のK弁護士も判明!

ネット上では既にこのK弁護士は倉持麟太郎氏であるとされています。

倉持氏について詳しくはこちらをご覧ください。

山尾志桜里の不倫相手の倉持麟太郎の正体が判明!結婚相手や出身高校、wiki風プロフィールを掲載。

ネット上での推測となりますので確実とは言えませんが、まず間違いなく倉持氏でしょう。

真相は今週の週間文春で明らかとなる予定です。

おそらくこの不倫疑惑の文春砲が世に放たれた場合、民進党の支持率は下がるのは明白であり、民進党の幹事長候補であるにも関わらず、今回の人事に大きな影響を及ぼすでしょう。

散々今井絵理子氏の不倫を叩いていた民進党側からすると、手痛い不倫の報道となったことは否めません。

おすすめの記事

山尾志桜里の不倫相手の倉持麟太郎の正体が判明!結婚相手や出身高校、wiki風プロフィールを掲載。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする