【動画あり】日野皓正のビンタ暴力事件の原因が明らかに!youtubeで話題の事件映像も掲載。娘が覚せい剤で逮捕や結婚した妻の真相も!世界的トランペッターの体罰に文春砲。【ユーチューブ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界的トランペット奏者として知られる日野皓正さんが、週刊文春の文集砲を浴び、話題となっています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

事件の概要

(ー中略ー)

「約600人が入る会場はほぼ満席。中学生の演奏が始まると、会場は大いに盛り上がりました。アンコールの後半、ソロタイムで、舞台の隅にいた日野さんが、ドラムを叩く男の子に歩み寄って体罰を加えた。私を含め参加者は、あまりに突然のことで何が起こったのか、理解できませんでした」

(ー中略=)

「お金を払って観にいったのに、連れて行った自分の子供があんな暴力行為を見せられてしまった。子供から『あのおじさんは何で子供を叩いているの?』と聞かれましたが、うまく説明できませんでした」

「週刊文春」取材班は、コンサートの模様を撮影した映像を入手。ドラムを叩く中学生の髪を引っ張り回した後、往復ビンタを浴びせる日野氏の姿を確認している。

(=中略=)

出典:文春オンライン

8月20日、世田谷区教委の主催で世田谷パブリックシアターで『日野皓正presents”Jazz for Kids”』が開かれた。2005年から毎年恒例で行われており、2017年で13回目。体験学習の一環として、世田谷区内の中学生による「ドリームジャズバンド」が日野さんに指導を受けて、成果を発表する晴れ舞台だった。

コンサートは中学生向けの体験学習事業の一環で、日野氏の指導を受けて約4カ月間練習してきた生徒約40人が成果を発表する場だった。しかし、壇上でドラムを演奏していた男子中学生の髪をつかみ、顔に往復ビンタを加えていたことがわかった。日野氏は終演後、生徒の保護者に対し「生徒のソロパートの演奏が長くなりすぎたので、止めようとした」と説明したという

日野皓正のプロフィール


名前:日野皓正(ひのてるまさ)
出身:東京都
生年月日:1942年10月25日
年齢:74歳

娘が覚醒剤で逮捕された過去も

今年で45歳となる長女の日野良美さんが、2009年に覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されています。

世界的ジャズトランペッター・日野皓正(66)の娘で無職の日野良美容疑者(ひの・ろみ=37)が14日未明、覚せい剤を使用したとして、警視庁愛宕署に覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された

これに対し日野皓正さんは「自分で責任とってもらうしかない。子どもではなくて、大人なら」と、罪を犯した娘へ向けて厳しい姿勢を示しています。

暴力事件を起こす父親に覚せい剤をやる長女と、問題の多い一家なだけに、世間に与える衝撃は大きなものになりそうです。

話題の動画

SNSで拡散されている動画がこちらです。

ビンタをもらった中学生の父親は「ジャズを理解している人からすればうちの子が悪い。私はそう思っています」。そして中学生も「自分が悪いと納得しています。今回の件でドリバンが無くなる事態に絶対になってほしくない」と反省し、日野皓正の特訓をまた受けたいと話しているという。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする